髪を傷めやすいこと

はじめまして

元美容師の卵だったケイコです。卵だったというのは、免許を持ってないだけで途中までは美容師をしていました。手荒れがひどくなり、断念したんです。

そんな私が、ダメージヘアに関する情報を発信しようと思います。よろしくね(^_-)-☆

ところで、つやつやでさらさらな髪は、女の子ならだれでも憧れたはず!けど、 現実はそうもいかないこともありますよね。

だって、女性ならいろいろとヘアアレンジしたくなるのも無理ないし、とくに若いうちはいろいろ試したいですよね。

カラーリングやブリーチ、パーマ、ドライヤー、コテ・・・・。で、その結果、髪が傷んでしまったというケースも多いと思います。

でも、そうは言っても、サラツヤヘアでいたい!というのがなんともわがままな願い。。。

わかりますよ。その気持!

でも、自分でも気づかないうちに、ダメージヘアになっていたということもあります。

まず、カラーリングやパーマは、ほぼいつも行っているとか枝毛や切れ毛がある、髪の根元より毛先の方が赤や白い、ツヤがない、クシ通りやブラシの通りが悪い、髪がまとまらない、朝シャンプーする、トリートメントとかはつけてすぐにゆすぐ、シャンプーしたら、ゴシゴシタオルで拭き取るといったことを平気でしている場合は、結構な確率でダメージヘアになっているかも、です。

心当たりがある人いますか??

やはり、カラーとパーマのやり過ぎや長時間コテをあてる、石油系界面活性剤配合の整髪料の使いすぎ、ブラッシングのしすぎ、ゴシゴシ拭くタオルドライといったことは、やはりキューティクルが剥がれやすく、ダメージヘアになりやすいんです。

気をつけましょうね。